不器用な私でもできる革のお手入れラナパー

50代からの買い物
スポンサーリンク

私は革製品が大好きです

革の鞄もいくつか持っています

今回は普段私が行っているお手入れ方法を紹介します

色々な方法がありますが

不器用で面倒くさがりな私でもできる方法ですから

是非、参考にしてください

スポンサーリンク

革製品の良いところ

一言でいえば長持ちする

という事ですね

私が購入した革のバッグは

ほとんど10年選手

中には20年以上使っている物もありますが

例えばこれ

味わいがどんどん深まり

愛着も深まっていきます

長持ちするから、その時は高いなと思っても

結局はコスパが良いんです

経年変化がこれほど楽しめるものはないでしょうね

本当に大好きです

革のお手入れ方法

人間のお肌と一緒で

革にも潤いが必要なんです

乾燥を防ぐ事が大事なんです

油脂分が抜けてしまうと劣化が進みます

潤いを与えてあげるだけでも充分長持ちします

そして革が生き返るんです

今回依頼を受けたカバンはこちら

こちらは30年以上使用している物だそうです

一度だけ、中を直しているようですが

革自体は30年経過しています

みてわかるように、かなり乾いてしまっていますよね

持ち手の部分はかなりひどい状態です

見てわかるかと思いますが

亀裂も入ってきています

原因は定期的なメンテナンス不足

潤いを与えてあげなかったからです

鞄の痛みがひどい部分はこのような感じです

乾燥しているのがよくわかりますね

それではメンテナンスしていきましょう

不器用でもできるお手軽メンテナンス

以前のブログでも書いていますが

HERZのショルダーバッグ 3WAY

こちらを使っていきます

まずは持ち手の部分

編んであるので少量を手につけて塗り込んでいきます

人差し指、中指、親指を使いながら丁寧にです

塗る前と塗った後です

かなりの違いがわかると思います

上が塗る前

下が塗った後です

広い部分は付属されているスポンジで塗っていきます

少量でもかなり広範囲を塗れます

今回の鞄は乾燥がひどいので、まあまあ使いました(笑)

乾燥していた部分としていなかった部分で

色の差が出ていますが、潤いを与えたので

また元気に活躍できそうです

色の差は経年変化した味わいです

ラナパーの良いところ

今回というか、毎回使用しているラナパーですが

天然成分100%のレザー用ワックス

主成分は蜜蝋とホオバ(植物)から絞った油です

ドイツ製

特に良いのが

軽く汚れを落としてから塗るだけ

塗るだけ!なんです

後から拭き上げる必要もなく

塗り込んで2日ほど風通しの良い日陰で乾かすだけ

ベトつきも残らないし光沢も出ます

10年以上経った鞄でも新品のような輝きが取り戻せる

と言ったのは大袈裟かもしれませんが

ビックリするくらいの出来上がりになります

こちらの記事もお読みください↓

冬こそ革製品のお手入れを!必需品ラナパー

もう一度言いますが

私は不器用で面倒くさがりです

だからこそ!このラナパーに出会って感動しているんです

偉そうに記事を書いていますが

この製品がなければお手入れしていないです(笑)

お手入れするのが楽しくなりますから

革製品が好きな方

是非ともお試しください

そして、大切な鞄を永く使い続けてください

一つの参考になれると嬉しいです

こちらも合わせてお読みください

THE THREE ROBBERS浅草の隠れ家

ポータータンカー 吉田カバンの魅力を私物を使って紹介します

男のベルト選びダブルリング THESOLE

おまけ

実はバブアーのリプルーフにも

このラナパーを使っています

コットンに油を染み込ませることで耐久性と撥水性を

持たせているバブアーにも

ラナパーは最適かと思っています

独特の匂いも無いですし

ベトつきもありません

本格的なメンテナンスというよりも

1年に1度軽く塗り込んでおくことで

生地の痛みを防げると思います

あくまでも個人的な見解ですので

自己責任でお使いください

それでは

2022/4/2  22:36

コメント

タイトルとURLをコピーしました